Diary

楽しい生活

(大学に)ともだちがいない!

タイトルが「友達がいない」だけだと大嘘で、環境を限定しなければ友達はいる。高校時代までの友達は長期休みに入ると会おう! って連絡してくれるし(ありがとう……)、前の大学でもめちゃくちゃ大好きな友達が数人できて、今も変わらずラインしたりごはんに行ったり旅行したり家に泊まったりする(ありがとう……)。超近距離編入(編入前後の大学の距離、自転車で15分)の大勝利である。あれ、友達がいる自慢になってきた?

というわけで、私がこの1年間ウダウダと「友達いないよ〜」と高校までの友達に、編入前の大学の友達に、バイト先の人たちに言っていた問題は、「友達いない問題」ではなくて、「すでにできあがっているコミュニティに途中から参入するのって難しいよね問題」である。すみませんでした。友達いました。なーのーで、これから書くのは「どのようにして人はすでにできあがっているコミュニティに参入するのを諦めるか」あるいは私の性格上の問題となります。

そもそも友達とは何か。どのレベルの親密度で他人を友達と定義するかは、かなり個人差がありそうです。ここで本稿では、友達を「具体的な用事がなくても2人でのごはんに誘える仲」と定義し論を進めることとします。

学生にとって一般に友達ができるタイミングは、小学校から中学校に、あるいは中学から高校、高校から大学に進学して、新しく始まる学校生活への期待と不安のなか、とにもかくにも、そこにいる全員が一斉に新生活を始めるときです。しかし! 3年生という大学生活にも慣れ、友人関係も安定し、そろそろサークルも引退か〜というタイミングでの編入! いや、私が決めたんですけどね。誰かに強制されて入学したわけじゃないし。友達作りのために編入したわけじゃないし。ただ、思ったよりもまじで友達ができなかったというだけで……。

私も一応努力はしました。6月くらいまで寮にいたし(私には4人部屋は無理だった)、学部のサークルにも入ったし(みんな良い人だった、良い人すぎた(後述))、前期はゼミも入ってたし(個人主義者の集まるゼミ*1だった、それはそれで面白かったけど友達はできなかった)、後期から違うサークルにも入ったし(女子がいなかった……)。なかなか! 難しいですね! ぶっちゃけて言えば、友達がいなくて、特に困ることもないんですけどね。入学当初は、友達がいないと試験とか大変かなと思っていたんですが、意外となんとかなるし。でも、できれば友達ほしいんですよ。大学に行って一言も話さずにただ授業を受けて帰ってくるだけの生活、結構つらい〜〜。就活とかについて話せる人がほしい〜〜(前の大学理系だから友達みんな院行く〜〜)。

ところで、私は同世代の「ちゃんとしている人」と接すると、自分と比べてしまってすごく苦しくなります。そして、私は自分のことをかなりクズだと思っていて、私よりクズな人をなかなか見たことがなく、周りの人が全員ちゃんとして見えます。ということで、人と接すると「あ"〜〜みんな頑張ってるのに私はなんでこんなんなんだ〜〜〜」ともれなく苦しくなります。じゃあ友達とはなんで仲良くできるんだ、同じクズとして見ているのかというと、そうじゃないです。友達もみんな頑張っててすごいなと思ってます。でも、ある程度の仲を超えると、その人の多面性が見えてきて、私がすごいと思っている人でも、少しダメなところがあったり、悩みながら生きていることが分かって、ある程度自分と同じ人間だと思って接することができるようになります。今の大学に入ってからは、知り合いはできても、そのしきいを越えられる友達ができてない。ここで、友達の定義2として「ダメなところや悩みも含めて友達☆」を追加します。

あと、私は友達に対してときどき「なんで私と仲良くしてくれるの?」と不思議な気持ちになります。なぜなら、私が友達に与えているものが何か分からないからです。ここで、いきなりで恐縮ですが、みなさんNHKで放送中の「ねほりんぱほりん」という番組はご存知でしょうか。いろいろと訳ありなゲスト(元薬物中毒者、パパ活女子etc...)へのインタビューを人形劇にした番組で、超おもしろいので毎回録画して見ているんですが、先週放送された「ホストに貢ぐ女」で出てきた、ホストに億単位のお金を貢いでいるインタビュイーの発言が、すごい分かる! と思ったので、少し引用します。

【ミズキ】自分も今までいろんな恋愛はしてきたんですよ、一般人とも。でもやっぱ普通の彼氏とかって、お前が横にいてくれるだけでいいよって、やっぱ言ってはくれるんですけど、それが一番不安で。私この人に何もしてないのに、何でこの人私のこと好きになってるんだろう、って不安になっちゃう。
その分ホストって、お金を払うから優しくしてくれる。それが明確になってるから、ホストが私を愛してくれる理由はお金って分かってても、そっちの方が気を使わないし、気に病まない。

【テキストまとめ】ホストに貢ぐ女・後編 | 赤裸々トークまとめ | ねほりんぱほりんブログ:NHK

いや、恋愛の話でもホストの話でもないんですけど、私の場合は友達でこの現象が起こっていて。なんでだろう。だからといって、自分は、友達に対して「この人は私に○○という価値を与えてくれるから仲良くしている」みたいなやばい合理主義みたいな考えはしてないんですが。と書いたけれど、もしかしたら心の奥底ではしているのかもしれない。だってなんのメリットもない関係が続くわけないじゃーん。ということは、仲良くしてくれている友達は私になんらかの価値を感じてくれているから仲良くしてくれてるんだな、ありがとう〜〜〜(自己解決)。

とりあえず、卒業まであと1年(留年したら2年、留年しそう! やばい! 勉強します!)。今の大学でも友達ができたらいいな!

www.youtube.com

*1:「法学部の辺境」との呼び声高い(?)、政治思想史ゼミ